• TOP
  • 趣味
  • 大人の塗り絵で自分だけの作品を描こう

大人の塗り絵で自分だけの作品を描こう

大人もはまる本気の塗り絵

みなさんは最後に塗り絵をしたのはいつだったか覚えていますか?

お子さんがいる家庭なら一緒に付き合って塗ったこともあるかもしれませんが、おそらくほとんどの人は子供のときのお絵かき遊びのとき以来やっていないのではないかと思います。

塗り絵は自分でまだ上手に絵を描くことができない子供にとってやりやすい遊びです。

ですので小学校に入るくらいになってある程度自分で絵を描くことができるようになってくると、塗り絵=幼稚なものと思うようになり自然としなくなってしまいます。

しかしながら塗り絵は真剣にやってみるとお絵かきとは全く違った楽しみがあるということに気が付きます。

子供のときの塗り絵はただそこに描いてある絵にふさわしい色をはみ出さないように塗っていくという作業で終わってしまいますが、大人になってある程度絵がわかってくるとちょっとしたアレンジをしたりしてもとの絵をまったく別の印象にしていくこともできるようになってきます。

同じ塗り絵であってもそれを塗る人によってかなり個性が出てくることもあり、大人だからこそできる塗り絵の楽しみ方をぜひ試してみてもらいたいです。

最近では初めから大人を意識した「大人の塗り絵」として書籍を販売しているものもあり、それらを使ったストレス解消や心理セラピーも行われています。

日常の生活のちょっとした暇つぶしにも

とはいえ今から突然塗り絵をしようとするにはどこで品物を買おうか悩むところです。

幼児書を取り扱っているコーナーに行けば子供向けのキャラクター塗り絵がたくさん置いてありますが、それはちょっと大人がするには物足りない内容です。

そこでおすすめなのが塗り絵ができる絵が最初からついている便利な手帳です。

参考>>https://www.rakunew.com/items/72534

こちらは文房具ファンから大絶賛の「ColoringNotebook」という製品で、普通の手帳のようですがノートの右半分に手軽に色塗りを楽しめるイラストがいくつか印刷されています。

このイラストがまた絶妙で、ついつい本気になって塗りたくなるような形状となっています。

たくさんの色が入った色鉛筆を使ってどんどん塗っていくことで最終的に一冊の作品になるというのも楽しいところです。

手帳なのでちょっとしたときに持ちあるくことができ、空き時間などを使った暇つぶしにもすることができます。

どうせ塗るなら画材にもこだわってみたい

大人の塗り絵をするなら画材にもこだわってみたいところです。

塗り絵をするのに使用するのは色鉛筆が一般的ですが、その他にも「コピック」というプロの漫画家やイラストレーターも使用している便利なペンがおすすめです。

より凝る人ならパステルやクレヨンのようなものを自分なりにアレンジして細かい色塗りに使っていくこともできます。

同じ絵をどんなふうに表現していくかということを考えるのが「大人の塗り絵」の楽しみ方なので、長く続ける趣味にもなります。