• TOP
  • 趣味
  • 水中運動で健康を維持しよう

水中運動で健康を維持しよう

体に負担をかけずにできる水中運動

高齢者にとって悩ましいのが運動習慣の継続です。

運動不足になってくると筋肉が衰えてしまい、気分も閉鎖的になって心身によくない影響が出てきてしまいます。

しかしウォーキングやジョギングといった運動は急に初めてしまうと膝を痛めることもあり、かえって怪我をしてしまって体の機能が衰えてしまったなんていうことにもなりかねません。

特に女性の高齢者の場合には出産を経験していると大変骨がもろくなっており、ちょっとした無理でもすぐに大きな怪我につながってしまいがちです。

そこで本格的な運動に入る前の基礎体力づくりのためにおすすめしたいのが水中運動です。

「でも泳げないし」という方も心配ありません。

遠泳のようなハードな方法でなくとも、水中ウォーキングや水中エクササイズのように誰でもすぐに始められる軽い運動もあり、徐々に段階をあげていくことで運動量を増やしていくことができます。

もちろん既に泳げるという方なら時間を決めて泳ぎ続けるといった強度のある運動から開始しても全く問題ありません。

なぜ水中運動が高齢者に向いているのか

水中運動は高齢者向けの運動教室でも必ずといって良いほど加えられている推奨のメニューです。

高齢者に向いているとされる理由は先にも述べたように膝や腰に重力の負担をかけずに行うことができるということがまず挙げられます。

水中は陸上で体が受ける重力が1/10になりますので、特に肥満気味で普段から足の関節に負担がかかりがちの人にはダイエットぴったりということになります。

またたくさんの水の中にふわふわと浮いているだけでリラクゼーション効果があるので、ストレスを解消しながら運動を続けることができるというメリットがあります。

そして深い水の中には水圧がかかってくるので、中に浸かっていると自然と体に圧力がかかりそれが血管や筋肉を引き締める役割をしてくれます。

特に中で運動をしなくても全身が圧力を跳ね返すための動きをしてくれるのでそれだけで軽い運動をしているのと同じ効果が得られます。

ただし温水プールであっても水温は体温よりもかなり低く設定されていますので、あまり長く浸かっていると体温が低下してしまい風邪の原因になってしまいます。

最初は教室に通うなどしてどのくらいの時間をどんな運動するのがよいか教えてもらい、そこから自分なりの習慣につなげていきましょう。