リタイア後の家づくりの準備について

リタイヤ後の生活をイメージしてみましょう

仕事を退職したあとにはその後の生活を意識して思い切って住環境を変化させることが多くあります。

特に単身で生活をする高齢者にとっては退職後にどういった生活をしていくかにより心身の健康状態が大きく変わってきますのでよく考えて選ぶようにしたいところです。

リタイア後の生活方法としては「家族と同居する」「単身・夫婦のみの世帯で住む」「グループホームなど高齢者向け住宅に入る」といったものがあります。

後期高齢者世代になってくると体の機能がかなり制限されてきたりするので、有料老人ホームや要介護の度合いにより特別養護老人ホームといった施設への入所も考えていくことになります。

問題は今現在はまだ体の自由が比較的きくものの、これから体調がどう変化していくかがわからないという退職直後の住居です。

家族と同居をするにしても独自に世帯を構えるにしても、室内の環境をバリアフリー化するなど事故が起こらない設備にリフォームすることが勧められます。

グループホームや高齢者向け賃貸住宅ではあらかじめ高齢者の体の変化を意識した便利な設備が最初から整えられているのでそうしたものを利用した方が費用を安く住むことができるかもしれません。

改築するなら趣味を生かせる住宅に

リタイヤの直前や直後にはそれまで住んでいた住宅もしくは新たに購入する中古住宅へのリフォームの勧誘を多く受けます。

特に都市部においては空き室のある中古マンションが高齢者向けにお得なリフォームプランとともに販売している例もありますので、お得なキャンペーン情報を見逃さないためにも早めに情報を集めておくようにしましょう。

高齢者の多くはリタイヤ後にはあまり多くの荷物を持たない身軽な生活をしたいと考えているようで、それまで持っていた大きな住宅や家財道具を一斉に処分して身の回りのものをダウンサイズさせて持ち込むという方法がよくとられます。

ただあまりにもものを持たない生活というのは日々の潤いや楽しみがなくなり無気力な生活になってしまいがちです。

もしリフォームや移住をするなら生涯続けたい趣味を生かせるような住宅形式にしていきたいところです。

リビングなどの居室とは別にガレージや作業場を作ってみたり、小さい書斎をつけたりといったことがあるとリタイヤあとの生活の楽しみも広がります。