リノベーションでバリアフリーを備えた快適な住まいを

バリアフリー化住宅で快適で安全な老後を

定年間近になってくると、「終の棲家」となる住宅について考える機会が出てきます。

子育て中や子供が独立するまでの間はできるだけ広くて交通の便の良いところに住みたいと思うものですが、子供たちが就職や結婚をして夫婦だけという家族構成になってくると戸建て住宅などは管理の手間がかかるとともに税金の負担が大きくなってしまいます。

そこで夫婦や単身で生活をしていくことを考えたとき、より快適に過ごすことができる住環境を早めに探すことが重要になってきます。

実際に定年を迎えてから住宅を探し新たに契約をしようとするとなかなか面倒なことが多いですし、ローンを組むにしても条件がついてしまったりします。

ですのでもし子供の独立の時期がわかっており、老後の生活のめどが立ってきたならできるだけ早めに終の棲家となる住宅探しをしていくことが勧められます。

中でも重視したいのが住宅の「バリアフリー化」です。

バリアフリーとは段差がないなど体の自由がききにくい高齢者や幼い子供でも快適に暮らせる住環境が整っているということで、リフォームにより既存住宅を改築することができます。

中古マンションのリノベーションという選択

若い世代だけでなく高齢者に人気が高まってきているのがマンションでの生活です。

高齢世代にとってどういった住宅が暮らしやすいかということを考えていくと、「掃除など室内の管理の手間がかからない」「防犯性が高い」「周辺にお店などがあり買い物が便利」といったことや、「日当たりがよい」「近所の人と付き合いがある」といったことが重要になってきます。

かつては地域内に共同体がしっかりできていたときには戸建て住宅に独居をしてる高齢者同士で助け合って生活をしていくこともできましたが、過疎化が進み生活そのものが危うくなっている地域も多く安心して暮らすことができる環境とは言い難くなってしまいました。

そこで郊外の戸建て住宅ではなく繁華街に近いマンションに生活することでむしろ周囲の人と連携しながら暮らしやすい環境を作ることが広く行われるようになっています。

特に中古マンションは現在供給過剰になっているため、それらをバリアフリー化して高齢者向けの住宅に作り替えてしまうことで新築よりも快適な住環境にすることも行われています。

参考>>https://www.renoveru.jp/

こちらのように中古マンションを「リノベーション」する専門業者もあり、画一的ではない中に住む人の希望に合わせた改築をすることもできます。

第二の人生を楽しむための設計

最初に「終の棲家」と表現しましたが、定年後の住居を考える場合にはただ安心・安全に暮らすことができるかということだけでなく、いかに残りの人生を楽しむことができるようにするかということが大切になります。

リノベーションによりマンションの室内を自分たちにとってより気持ちのよい空間にすることは、そのまま気持ちの健康を高める効果もあります。

もしすでに何か打ち込んでいる趣味があるのであれば、それをより積極的にできるような設備を付けるということもよい方法です。

住居をバリアフリー化しておくことは、室内で起こる転倒などの事故を防ぐことができますし、それは健康寿命を延ばすことにも直結してきます。

こだわりの住宅づくりは体力のある定年前からしっかり計画をしておくことを強くお勧めします。